飛ばない猫のブログとは??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事

こんにちは!

「飛ばない猫のブログ」へようこそ。

このサイトは、理想の学習塾の立ち上げを目指す現役塾講師が、日々の講師生活で得た学びを書き綴ったり、独立に向けて、今必要な知識や情報、時事ネタ等を紹介していくブログです。

(たまにサボり場で管理人の趣味などの記事をアップしたりもします。(笑))

マー君とは何者?

学校という場所がとても苦手。中学生時代には年間約70日も欠席してたほどの不登校っぷり。学校をサボってよく近くの川で釣りをしていました。(笑)

でも別にいじめにあったり、人間関係が苦手だった訳ではありません。(笑)

高校時代も同じく、出席日数の不足で留年の危機に陥っていました。(笑)一番記憶に残っている出来事は、高校3年生の時。なんと金曜日の1限にあるHRで、この授業をあと一回休めば留年という危機に陥っていた時、友人2人が私を家まで迎えに来てくれ、ごねる私を無理矢理学校へ連れ出してくれたんです。

当時の私のクズっぷりときたら本当に恥ずかしくてたまらないですね。母親にもたくさん苦労をかけていたと思います。

今になって、当時私を留年から救ってくれた2人の名友に、その時の事を聞くと、「担任の先生から、1限までの遅刻は見逃してやるからお前を何としてでも連れ出してこい!と言われて、とっさに思いついたのが、早いことお前を家から連れ出しさえすれば、1限が終了する直前まで朝マックでもいって有意義に学校サボれるという最高なシナリオ。でもお前が長い時間ごねたから結局いかれへんかったけどな。」だとか。

とにかく、何事も制限されたり強制される学校教育が苦手だったんです。それはい今でも変わりません。

とにかく、好きな事を全力でやって、自分の力で何かを成し遂げたい。そんなザ・自由至上主義な変人なんです。

マー君の履歴書

高校2年生の時に、サイクリングにハマり、自転車屋でアルバイトも始め、自転車大好き男へと変化していきました。そしてそのまま高校卒業後は自転車屋の後を継いで生涯自転車屋として生きていこうと決めていたのですが、、。

店に来るお客さんや学校の先生達に、「お前みたいな人間こそ大学へ行くべき人間だ」と言われ続け、高校3年生の冬に大学進学を決意。

まあ当然、勉強が間に合わず、受験に失敗したが、悔しくてたまらず、リベンジを誓います。この時に私が思いついたのが、「自分だけの力で、大学に受かってやる!」という強い信念でした。

アルバイトで月8万円を稼ぎながら、予備校などには通わず、ひたすら独学で受験勉強に励みました。いわゆる「宅浪」というやつですね。

そして、ついに、当時の私の志望校よりもワンランク上である、龍谷大学の理工学部への進学を果たしたのです。

決して誰にも自慢できるような難関大学への合格とはいきませんでしたが、自分だけの力で、目標以上の大学に合格できたのは本当に嬉しいものでした。この経験は今でも私の自信となっています。

塾講師を目指したきっかけ

この経験で、私は、子供達の将来に寄り添う仕事がしたいと思うようになったのです。

これまで、学校という場所に苦しめられ続けてきたので、正直私自身、周りの人達と同じように頑張れない事に非常に辛い想いをし続け、自分に自信が持てずに生きてきました。しかし、そんな自分でも、自分のやり方を貫き通し、努力し続ければ、成功を手にする可能性もあるんだという事に初めて気が付いたのです。

今の時代、過去の私のように、学校生活で自信を無くして苦しみ続けている子供達は大勢いると思います。そんな子供達に自信を与えて輝いて生きて欲しい。そう思ったのです。

成功体験から今に至るまで

大学進学後は、教育に関わる勉強や、地域の子供達を支援するボランティア活動に明け暮れました。また、研究内容が、アプリケーションの制作とその効果の分析だったので、学習塾に導入できる、生徒達のモチベーションアップを狙った管理システムを作成し導入。まだまだ未熟なシステムではありましたが、当時の教授からのオファーによって、教育システム情報学会にて研究成果を発表する機会を頂く事ができました。

大学卒業後は、家庭を築く予定があったため、安定した収入を求めて、一度商社マンとして社会人スタートを切ったが、どうしても自分がやりたい仕事に就きたいという思いが募り、塾講師に転身。

現在は、自分の学習塾を立ち上げるべく、独立を目指して日々奮闘中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする